タスク管理でノー残業!

ToDoやPDCAで効率よく業務をまわすのがコツ

残業をなくす工夫

残業という問題は、どの企業も同じで頭を抱えています。
日本では昔から、会社に長くいることが良いことだと風潮化されていますが、少し考えを変えれば残って仕事をしている人は、ただ仕事ができない人という風にとらえることもできます。皆が皆そうではありませんがこれが現実です。
残業をなくす工夫としては、なぜ会社に残ってまで仕事をしなくてはならないのかを考えることが重要です。締切りや納期が原因であれば、従業員の意思とは関係ないので、業務全体の効率化を考えなければいけません。そこで大事なのが個々の意識や能力の向上です。一人ができても限界があるので、全体の意識、能力を高めることで残らなくてもいい教育を経営者が考えるべきです。
仕事量が多い場合は、その日これはやらないといけないと思うことからやって、その日にやらなくてもいいことを後にもっていくやり方がいいです。仕事に優先順位をつけることによって無駄な仕事を減らすことができます。仕事が減れば、その分早く帰ることができます。なにもやることが無いのに残っている人の場合は、残っていることが良い事だと勘違いしていることがあります。ですが、先ほども言いましたが、風潮化されているだけで偉くもなんともありません。周りが残っているからといって残ることはないです。気にせず定時で帰り次の日に備えるほうが利口です。
結論としてしては、残業をなくすことを考える前に原因を探ることです。でないと、いつになっても残業が減らない為悪循環になってしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年4月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ